acoparis

フランスで子供3人とナチュエコ、アートライフ。育児しながら育自中♪

スポンサーサイト

Posted by acoparis on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛について教えてください。

Posted by acoparis on   0 comments   1 trackback

電話で、姫1号と同じ年の娘がいる日本人のママ友が

もう、困っちゃったわ~私どうしていいかわからなくなっちゃった、
aco家ではどうしている?


そういえば、まだ考えてみたこともなかったこと。

泊まりに来た娘の同級生(フランス人)が、
どうやって赤ちゃんをつくるか、リアルに男の人と女の人の絵を描くのよ。

どこがどうなって、具体的に絵を描いて、娘さんに見せたらしいのです。

その子のフランス人カップルはとてもオープンらしく、きっと絵を描いて子供達に説明したんでしょうね。


と、図書館に行ってきた相棒と娘達がタイムリーにこんな本を借りてきました。

aiwo kataro

3歳児から。内容は主人公の子供に妹、弟ができるストーリー。

Nouvelle image


いろんな仕掛けがあって、楽しめるようになっています。
パパとママは愛し合って子供ができるんだよ、とソフトタッチです。

さて、姫1号には同じシリーズ 6歳から8歳用

aiwo kataro 2

さすがにリアルな絵はありませんが

AIWO KATAROU 3

文章でこと細かく説明書きがありました。
そっか、小学生でもうこういう話になるのね。( ̄Д ̄;;
(っていうか、私の小学生時代は、興味は全く違う方向に行っていたので考えたこともなかったような)

faire l'amour フェラムー
faire=~する l'amour=愛で、求愛する、つまりHするという意味になるんですが、

まさに愛があって、子供達が生まれてきたことは伝えたいのですが、
隠すつもりはないものの、聞かれてもいないのに説明するのもな~と躊躇っています。(;^_^A

フランスでいくつから性教育ってするのでしょう?
最近では8歳で初潮を迎える子もいるらしく、びっくりです。

自分の娘達には、子供ができる体になった時に自分の身を守るためにも大切なことなので
話そうかな、と思っています。


クリックしていただけると励みになります♪ いつもどうもありがとう!!!
↓      ↓       ↓      ↓

人気ブログランキングへ 

スポンサーサイト

動く絵本

Posted by acoparis on   4 comments   0 trackback

ehon.jpg

動く絵本、ご存知ですか?



そしてこちらは懐かしい

eCF6006.jpg

ぱらぱら漫画。

授業中にノートの端っこにぱらぱら絵を書いたな~

といっても、

ここは図書館じゃなくて、映画館でのアトリエ。


10ほどの、昔のショート映画のCINE-CONCERT
(音なし映像に、ミュージシャンが即興で音楽を着けて演奏してくれるもの)

の前に、親子で参加できる、アニメ映画の技術の起源のお話。


今回は対象が4歳以上ということで、姫1号と二人で参加しました。

ehonn.jpg


小さな紙に糸を通したものを、手元でくるくるまわすと2枚の絵が一緒に見えたり、

大きい輪をまわして、ちいさな穴から見てみると、動画に見えたり。


DSCF6010.jpg

とっても興味深いものでした。

今はテレビをつければ、いつでもアニメは見れますが、

ここにいたるまで、いろんな人が試行錯誤してできあがったことを
頭の片隅にでも記憶してくれているといいな~。


1時間半のアトリエの最後はおやつ付。そのあと映画を見て帰りました。

(映画は実像とアニメを混ぜたもの。当時の洋服とか、髪型とかとっても可愛い。)


こうやって長女と二人っきりの時間を定期的につくっていきたいな。


最初の写真の動画絵本、左は動物が動き
そして、右の本はスポーツをしています。

驚愕の新感覚しかけ絵本「ギャロップ!」ページを開くと動物が走り始める!Gallop!:A Scanimati...

両方ともおすすめです。有名な本なので書店、もしくは図書館で見つけられると思います。
手にとって、見てみてくださいね。


クリックしていただけると励みになります♪ いつもどうもありがとう!!!
↓      ↓       ↓      ↓

人気ブログランキングへ  

お姉ちゃんになる準備

Posted by acoparis on   12 comments   0 trackback

日本から書籍小包が届きました。
それも送り主はフランス在住の二人目妊娠中のママ友。
送ったよ、と聞いていたので心待ちにしていた一冊。

PB230034.jpg

あなたってほんとにしあわせね! / キャスリーン アンホールト

私の妊娠を知って、一緒に用意してくれたかわいい絵本
どうもありがとう!!

今まで一人っ子だった女の子の家庭に
あかちゃんがひとり誕生する話。

いわば、姫のお姉ちゃんになる準備の絵本

主人公の女の子も、ママが赤ちゃん産んでから
一緒に遊ぶ時間がなくてさびしかったけれど
今では忙しいママのお手伝い、彼女自身が赤ちゃんと一緒にできることをみつけて
お姉ちゃんとして成長していくお話。

まあ、とっても理想的

トイレで吐いている私をみて、pourquoi(なんで)?と姫が聞くので、
そのたびに赤ちゃんがここにいるからなのよ、と答えます。
わかっているのか、べべといって私のおなかを触ります。

PB230032.jpg

最近では、ママ-、bebe gateau!(あかちゃんにお菓子)
とか、ママ-couche(おむつ)どこ?
なんてきいてきます。

べべにビズしたりして、ソファに寝かしたりしています。

本人なりの予行練習??

最近ずっと気持ち悪いしかいっていなかったので
姫もよく私の真似をします。

今度はそういう前に、この絵本の題名のように
なんてしあわせなの!と置き換えられるよう
努力せねばな~。

banner2.gif 一日一回の応援クリック待ってます
オンライン書店ビ-ケ-ワンというところで注文してくれたようです。
包装もていねいでしっかりしてました。おすすめです。

絵本の世界

Posted by acoparis on   9 comments   0 trackback

毎月1回、近所の一軒屋図書館(家を改造した)で
3歳以下対象に本を読んでくれます。
今月も行ってきました。

PA120283.jpg


姫が生後3ヶ月から、日本語の絵本を毎日読み
生後6ヶ月からこの図書館に通い始め、フランス語の絵本も読み出しました。

最初は毎月2回位通い、最近は月1回ほど。
それでも、毎回10冊は借りていたから
単純計算して、最低でも250冊以上読んだことになる?

その中には、同じ本を続けて借りたり、改めて借りたり。

フランス語なので、時には相棒に読んでもらって
きちんとした発音での読み聞かせも大事。

フランス語の勉強にも一役かってる?→私の

そして、今姫がはまっている日本語の本がこれ

ちびくろ・さんぼ ちびくろ・さんぼ
ヘレン・バンナーマン (2005/04/15)
瑞雲舎

この商品の詳細を見る

南仏へ引っ越してしまったママ友からいただいたもの。

お昼寝前と、夜寝る前、3冊ぐらいずつ読んでいるのですが、
これは毎回リクエスト。

おとうさんはジャンボ、おかあさんはまんぼ!と言えるようになりました。

姫のおかげで、私も一緒になって絵本の世界に入っています。
そして
いつか自分で絵本が描けたらな、なんて夢を描いています。

banner2.gif 一日一回の応援クリック待ってます
この習慣は、ずっとずっと続けて行きたいな。

知っ得?いろんな音

Posted by acoparis on   2 comments   0 trackback

突然ですが、

犬の鳴き真似できますか?

ワンワン!! これは日本で

フランスでは

Ouah Ouah(ウワフ ウワフ) 

私は公の前で犬の真似をしていたのですが、
フランスに来て約3年間全く気がつかず、
ワンワンっていっていました。
フランス人には通じていなかったようです。自爆

これは基本中の基本
いろんな音があるんですね。
それを解決してくれた絵本がありました。

PB270008.jpg


Le Livre Des Bruite
Luolou&Cie
l ecole des loisirs

他にも

猫は Miaou(ミャオウ)

蛇は ニョロニョロじゃなくて Ssssss(スススス)
(確かにそんな音に聞こえるかも)

日本人に苦手なRの発音。
日本語にするとまた違った音になってしまうのですが、
まず、舌をしっかりまるめて...

カラスはCroaaa Croaaa(クロ-ア クロ-ア)
鳩は Rou Rou(ロウ ロウ)
蛙は Croa Croa(クロア クロア)
ライオンは Rroa Rroa(ロア ロア)
豚は Groin Groin(グロイン グロイン)

そして驚いたことに

アヒルは Coin Coin(コウィン コウィン)
ねずみは Coui Coui(コウイ コウイ)

他に動物ではありませんが、

拍手は ぱちぱち じゃなくて paf paf(パフ パフ)
ドアのノックは Toc Toc(トック トック)
くしゃみは Atchoum(アクシュム)

そしてBisou(キス)の音もありました

Smack(スマック)なんだろ?

おいしいものには hmmmm(ウ-ン 上がり調子で。顔のひょうじょうもつけると更によし)
まずいものには beurk(ベ- 舌を出すと更によし)

これだけでもマスタ-しておくと
かなり使えます。(お行儀がよいかどうかは別として)

絵と音が見開きになってる楽しい絵本です。
姫は犬の鳴き声はフランス風に言っています。

さて、これらの音は日本語とフランス語どっちで教えたらいいんだろ-。

忘れていました。日本人にとっても大事な音
カメラの撮影音は
 clique claque(クリック クラック)

banner2.gifヨ-ロッパランキングに参加しています。ポチっとお願いいたします♪
今日も私はクリック、クラック!!

絵本読書会

Posted by acoparis on   2 comments   0 trackback

家の近くの図書館で
月に1回3歳児未満対象に絵本を読んでくれます。

ちょっと年齢的に早いかな?とも思いつつ、
三度のめしより本が好きな姫なので、
(朝起きるとすぐ、本箱をさして絵本をねだるのです。)
学校がお休みの水曜日、図書館へ行って来ました。

2歳ぐらいのこどもが10人ほど
語り手を囲んで座りました。

さすがの選択、子供が好きな仕掛け本や簡単な話ばかり。

子供にペ-ジをめくらせて、いわゆる参加型。
その内、子供が夢中になって前へ前へと立ち見状態に。

PB080020.JPG

動物が主人公の話が多いようでした。

大人も一緒になって楽しめる内容で、スト-リ-の最後は気持ちが
ほんわかします。

PB080022.JPG

全部で10冊くらい読んでくれたでしょうか。
あっという間の1時間弱でした。

姫はちょうど午前中お休みタイムで後半は眠そうでした。

改めて、読んでくれた本を借りて家で読むことにしました。

ここの図書館員は絵本の本当のスペシャリストで、
貸し出し禁止の絵本もいろいろ見せていただきました。

幼稚園や保育園にも出張するそうです。

最近のパリは、雨降りでその上寒いので
公園では遊んでいません。

これからは図書館が姫の遊び場になりそうです。



banner2.gifヨ-ロッパランキングに参加しています。ポチっとお願いいたします♪
日本語の読書会をやろうと思っています。
いい絵本はやっぱり大人にもいい栄養になりますね。

一枚の絵本

Posted by acoparis on   4 comments   0 trackback

ここ1ヶ月位のことです。
姫は朝起きるとすぐ、寝ぼけ眼のまま指差します。
その先には本箱

姫が生後3ヶ月ごろから読み聞かせ
お座りができるようになったころから図書館へ行き
いろんな本を読んだり、見せたりしました。

月齢とともに反応するペ-ジが変わってきたり、
自分から私に本を選んでもってきて
読んでほしいしぐさをするのです。

ここ最近ずっと借り続けてる絵本がこれ
PA140048.JPG

一ペ-ジずつ質問が書いてあって、次をめくるとそこに答えが
そして最後には一枚の絵になります。

PA140050.JPG

このシリ-ズいろいろあって
私が好きなサンタクロ-スから
動物園、サ-カス、車、家、豚、牛、幼稚園と種類が13以上あります。

まだ見ていないのもあるので、毎回図書館に行くたびに
新しいシリ-ズを見つけては喜んでいます(って私が 笑)

そしてこんな状態にすぐなります。
PA140053.JPG

今振り返ってみると
6ヶ月ぐらいは
カラフルな絵本や、赤ちゃん、動物の写真中心の絵本

10ヶ月位までは
仕掛け本、手でさわったり、歌があったり

そして今では
同じ本で数えたりしています。
もちろん、一、二と言いませんが
指を指して数えるまねをするのです。

PA140055.JPG

姫に多くの絵本を見せる機会を与えて
彼女の中にある、
小さな芽を伸ばせたらなあと思う母心なのでありました。

banner2.gifヨ-ロッパランキングに参加しています。ポチっとお願いいたします♪
フランス語の絵本では知らなかった単語(特に小動物の名前!!)を発見したりして、
読み聞かせながら、一緒に勉強しちゃったりしてます。

【楽天ブックス】こどもといっしょに読む絵本
今なら完全送料無料で、立ち読みできちゃいます。

一軒家図書館

Posted by acoparis on   0 comments   0 trackback

img0430d1cbfqd3mo.jpg

以前から家のすぐそばに図書館があることは知っていた。
でも大きくて近代的な図書館が大通りにあったので一度も来た事はなかった。

成長した姫(というより、重たくなった姫)を連れて行くことを考えたとき、
ふとその図書館を思い出した。

今回の目的は姫用の絵本だ。

私は毎日姫に日本語の絵本を読んでいる。時には同じ本を2回ずつ読む。
さすがに3ヶ月以上も同じのを読んでいるので、
自分でも話の内容を見なくても言えるようになった。
姫も同じペ-ジで、笑ったり、手足をバタバタさせたりしている。

そろそろフランスの絵本に手を出してもいいのじゃないかと思った。

電話で開いている時間を確認する。というのも毎日開いている時間帯が違うからだ。

フランスの学校は水曜日はお休みなので、この日だけは特別に午前も午後も開いていた。


1階は大人用2階は子供用だった。

なんとCheminee(暖炉)があった。この図書館は一軒家を買い取って図書館にしたらしい。

そして鏡の前にはたくさんの絵本があった。反対側には小さないすと机が並んでいる。

今は春休み真っ最中のためか子供が少なかった。

子供用図書館で働いているフランス人は愛想のいい日本のデパ-トのようだ。
子供に慣れているのか、暇なのか、そして私が日本人と知ると日本人作家はすごいねと話し始めた。

話が映画まで及んだとき、何か6ヶ月の娘にいい本ありませんか?ときいた。

彼らがすすめてくれた本とCDを中も見ずに借りた。1回に9冊まで3週間借りれるらしい。

早く家に帰って読み聞かせたかった。

で、びっくり。その中に2冊日本人作家のもの、1冊は日本の昔話をフランス語に訳したものだった。

私が日本人だったゆえのはからいだろうか?

明日から一寸法師をフランス語で読むことになりそうである。

ここでいう学校とは小学校、中学校です。
フランスには多くの日本人絵本作家の本があるそうです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。