acoparis

フランスで子供3人とナチュエコ、アートライフ。育児しながら育自中♪

スポンサーサイト

Posted by acoparis on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

信頼できるプロ

Posted by acoparis on   4 comments   0 trackback

昨日はエコグラフィーへ行ってきました。
担当医は前回の妊娠のときもそして今回もずっとお世話になった
ジャズを愛するお友達産婦人科医です。

彼女は慎重に丁寧に診てくれます。そして全てチェックした後、
相棒と子供達にも診察室に呼んで見せてくれました。

約2週間の充分な休息が功をなしたのか、
赤ちゃんが上に上がっていました。

ここ数日、食事をすると胃がおされた感じで気持ち悪くなるのと、
確かに赤ちゃんの蹴りが上の方です。

そして既に2300g(でか!)になっていました。
とりあえず2キロ超えているので一安心です。

この信頼できる産婦人科医に会えて、私は本当にラッキーでした。
ここにいたるまでにいろいろあったけれど、
彼女は本当に親身になってくれました。

無事出産したら、一番に彼女の携帯に連絡するつもりです。

産婦人科医、助産婦さん、小児科医、命を誕生、回復させる素晴らしいお仕事であり、
責任重大で、たいへん忙しい仕事だと思います。

妊婦さんにとって大問題なことでも、医者にとってはもう何度も見ていることなので
たいしたことじゃないこともあります。

そんなとき、患者の立場になって納得できるまで説明できるか?、
患者の立場になって診察できるか?

基本的なことのようで、できていない医者もたくさんいます。

彼女はたくさんの経験がありながら、妊婦の立場にたてる、本当の医者のプロです。
私もどんな仕事であれ、相手の立場を理解し、信頼できる人になりたいと思いました。


スマップの草なぎさんがやっている『37歳で医者になった僕』に今はまっています。
実話を元にしたそうですね。毎回楽しみです!

クリックしていただけると励みになります♪ いつもどうもありがとう!!!
↓      ↓       ↓      ↓

人気ブログランキングへ 

スポンサーサイト

赤ちゃん用品

Posted by acoparis on   0 comments   0 trackback

今日はメーデーで祝日でした。久しぶりの晴天。
今日は去年同様、お友達のバースデイピクニック。



私は残念ながら家で留守番。ソファでゴロゴロ

相棒+子供達、いつになっても帰ってきません。
日も延びたので思いっきり遊んできたようです。
姫2号は家に着いた時には熟睡。

そして、たくさんのお土産

youfuku.jpg
youfuku 2

大きな袋が二つ、こんなにいっぱい。

息子君、今日で4歳になるんだものね、早いね。
大事に使わせてもらうね、ありがとう。そして、お誕生日おめでとう!

明日はエコグラフィーの日で検診では心臓音のみ、なので久しぶりの映像が見れます。
最近さらに、蹴りが激しくなってきました。
元気に成長していますように!


クリックしていただけると励みになります♪ いつもどうもありがとう!!!
↓      ↓       ↓      ↓

人気ブログランキングへ 

もうすぐ

Posted by acoparis on   2 comments   0 trackback

いいお天気が続いています。

気がついたら、今週から妊娠8ヶ月目(フランスの数え方だと7ヶ月目)に入っていました。

体型も歩き方も妊婦らしくなって来ました。

前回のこともあり、妊娠をひた隠しにしていたので、ご近所の方は最近気がついた人もいます。

まだまだ生まれるまでは正直不安ですが、あとは天に任すのみ。

また一からの子育てですが、娘達の協力にも期待して、今自由な時間を楽しみたいと思っています。


こちらは妊娠7ヶ月目から(フランス式では6ヶ月目)から妊婦さんの診察は健康保険が全てまかなってくれます。

といっても今まで任意保険で全て支払ってもらっていたので、今まで一度もお金を払っていません。
(任意保険にもいろんな種類がありますので、聞いてみてくださいね。)

ご存知の方も多いと思いますが、国立病院で出産すれば無料。

もし出産時に赤ちゃんや母体に問題があって入院しても、健康保険でカバーされます。

アメリカ在住の方のブログで、赤ちゃんの2週間の集中治療室の請求書が一千万超えていて

びっくりしました。(日本ではどうなんだろう??)

フランスの出産率が多い理由のひとつに、費用の心配がないこともあるでしょうね。


MIS.jpg

姫2号は休みのときは必ずといっていいほど、プリンセス、テイアラをします。

午前中はママの病院だったので、午後からは子供達のことが優先。

姫1号はローラースケートをやりたいというので、

今姫2号が夢中になっている、ボール蹴りの相手に。きゃっきゃ言いながら喜んでいます。

なんとまあ、サッカーをやるにはミスマッチな格好ですが、好きなものを着せています。

子供が大きくなるのはあっという間。なので、お出かけ着もうちでは普段着使用です。

MIS2.jpg

アパルトマン内のお庭に、桜の木があります。まだつぼみです。

そういえば、去年引越ししてきたころ、桜のじゅうたんがとっても綺麗だったのを覚えています。

さて、いつお花見ができるかな??


クリックしていただけると励みになります♪ いつもどうもありがとう!!!
↓      ↓       ↓      ↓

人気ブログランキングへ 

検査結果

Posted by acoparis on   6 comments   0 trackback

今日は2ヶ月ぶりに、出産した病院へ行きました。

息子の解剖結果と私達の血の検査。

血の検査はなんでしたかというと、

染色体の欠如は、全くの偶然の事故のときもあれば、ファミリーから来るものもあるから。

今後もし妊娠する場合に知っておきたかったのと、

もし遺伝子からくるものだと、姫たちにも今後症状が出る可能性があるとのこと。


結果は

白、問題なし。ほっ 確かに両方のファミリーにそういう人はいない。


とりあえず、一安心。


来月担当の産婦人科医と診察して、最後になります。

このいい先生はdijonへ行ってしまい、この国立病院の産婦人科は来年の2月で閉鎖、他へ吸収されてしまいます。

姫2人を出産したところではもう産めないんだね。

残念だけれど、フランスの経費削減がこんなところにも来ています...


クリックしていただけると励みになります♪ いつもどうもありがとう!!!
↓      ↓       ↓      ↓

人気ブログランキングへ 

産後の体

Posted by acoparis on   14 comments   0 trackback

syuppatu 2
(Yちゃん、お花とお手紙ありがとうね )


お元気ですか?

こちらは肌寒い日々が続いています。

今週は雨降り。今日は最高気温18度です。


出産後、母から電話があり体を無理しないようにといわれて、

はっとしました。

日本では床上げと言って、3週間ほどは横になっていたり、ガードルを穿いたりするそうですが、

フランスではあまり気にしていないというか、産後1週間でも

普通にお散歩している人がいたりします。

syuppatu 3
(こちらは子供たちが。お花があると癒されるね。)


私の今回の妊娠は6ヶ月だけだったので、体の負担は軽減されたとしても

やはり子宮がもとに戻ろうとする後陣痛や悪露、腰痛があったりします。

(鉄分補給と痛み止めを1ヶ月分もらいました。私は耐えられる痛みなので服用していませんが)


自分で産褥体操をし始めました。体の管理は自分でしなくてはね。


今回改めて母体の神秘を感じました。

6ヶ月で産んでも、おっぱいは出てくるのですね。

助産婦さんに薦められてdostinexを2回服用しました。

これだけで母乳は出ないそうです。最近のフランスの女性は母乳をあげるひとが増えたものの、

ミルク派も多く、こうやって出産後母乳を止める人も少なくありません。


子供を生むということは、母体が赤ちゃんを守るためにいろんな働きをしているんですね。


そして


赤ちゃんはお母さんを選ぶと言いますが、

それなら、なぜ息子は私を選んだのか?

このことで何が言いたかったのか?考えたりします。

何ででしょうね。いつか彼とお話がしたいです。



明日から、ヴァカンスで、またポルトガルです。

今回は初3週間。(ひ~、長すぎる・・・)

子供たちの頭の中はポルトガルで遊ぶことでいっぱいです。

私はいつも以上に怠け者の嫁になって、ゆっくりしてきます。

よい、夏休みを!!Bonnes vacances !



クリックしていただけると励みになります♪ いつもどうもありがとう!!!
↓      ↓       ↓      ↓

人気ブログランキングへ 

全てを終えて

Posted by acoparis on   11 comments   0 trackback

親にとって一番悲しいことは

子供が自分より先に亡くなってしまうことだと思います。


そして、

中絶は親が自分の子供の命を絶ってしまう、

子供からしたら、自分の親に自分の命を消されてしまう、

なんとも残酷なことだと思います。



私達は何度も医者と話し合いながら結論を出しましたが、

これで本当によかったのか?と自問している自分もいます。


今回担当してくれた助産婦さんは、20年助産婦をしていますが、

私のようなケースは初めてのようです。


それだけ、稀な重症な病気だったのですが、

もし、今のまま生きていても肺の成長に影響して

生きて生まれられたかわからないと言われても、

もし、もし、と自問している私がいたりします。



出産前にも担当医に、赤ちゃんを見ますか?

と聞かれて、返事ができなかったのですが、

見て後悔した親御さんはいないと言われて、

その時の自分の気持ちに任せることにしました。



やっぱりちゃんと会っておこうと

出産後会わせてもらいました。


まだ小さい410gの体でしたが、

手も足も、つめもしっかりできていて、髪の毛も少し生え始めていました。


想像していたのとは全く違い、彼が病気だとは思えないほど、きれいな体つきをしていました。

こんなに冷静に彼を受け入れられることが自分でも不思議でした。

何度も抱っこして、人差し指の爪位の大きさの手をとって、足を触って

頭をなでて...



目を開けて、見詰め合って、おっぱいあげて、お話して、一緒にお散歩したかった...

正直、やっぱりこの子が、息子が欲しかったです。


対面する前までは何もするつもりはなかったのですが、

結局名前をつけて、市役所に提出することにしました。

(フランスでは死産の場合任意で6ヶ月まで、そして今後出産しない場合その後も申請可能です。)


全てが終わった今でも、もうおなかがぺちゃんこでも、まだ夢の中にいるようです。

現実をきちんと消化できていないんだと思います。


フランスでは自分達の希望では14週まで、

医学的に母子どちらかに問題や危険が生じた場合は出産時まで中絶が認められています。



私は娘達が異性に興味を持ち始めたとき、

この経験を話したいと思います。


こんな経験をできることなら娘達にさせたくありません。

つわりや生む苦しみは、可愛い子供に出会えるから堪えられるんだと思います。




明日、相棒兄宅に預けている子供達を迎えに行きます。

つい考え込んでしまうのですが、毎日子供達の電話の声で現実に引き戻されている感じです。


初めて子供達と離れました。パパとママがいなくても大丈夫になったんだね。

成長している二人に負けないように、ママも強くならなっくちゃね。


ご心配かけました。本当にありがとうございました。

追記

Posted by acoparis on   6 comments   0 trackback

御心配かけてしまってすいません。今病院から帰ってきました。

たくさんの励ましのメッセージありがとうございます。



今回のことで、たくさんの人、お医者さん、お友達、ファミリーに支えてもらいました。

そして、改めて

今の医学の技術の高さを知りました。

これも、歳月をかけていろんな人が研究、開発してくれたおかげなんですよね。



先日書いたブログを読み返して、何点か誤解があるといけないので

追記しておきます。



エコグラフィーで発見された、NT(胎児後頸部の浮腫)が4、8mmありましたが、

私の長女、姫1号も当時3,7mmありました。羊水検査をしましたが、結果は問題なく

その後何もなく、無事生まれました。そして今も元気です。

なので、NTがあるということは、検査をしたほうがいいけれど、

何もなく無事に生まれる可能性もあると言うことをここに書いておきます。

(一人目の妊娠でとても不安で、アメリカンホピタルで検査をしました。というのも

普通3週間でわかる検査結果が3日でわかるからです。ご参考までに)



そして、心臓にあなですが、

これも程度により一概に言えませんが、お友達の知り合いの子供は

お母さんのおなかにいる時に心臓にあながあり、出産後手術をして、今は13歳。

すっかり完治して元気に過ごしているようです。今の医療技術で何とかできる方法があるので、

もしこういうケースになった場合、担当医さんとよく相談してがんばってください。



そして、先天性横隔膜ヘルニア

これは稀なケースで、まだまだこれからの病気で、たいへん困難ですが、

治って元気になった子供もいます。出産まで気が付かなくて、出産後呼吸がおかしい、調べたら

この病気で、手術して治った子供もいるそうです。



私達の場合、羊水検査の結果と説明が決定的になりました。

染色体8番の遺伝子(GATA4)の欠如を調べる技術はここ最近で、

10年前にはありませんでした。

染色体の番号が少ない数ほど、重症度が高いこと、

そして私達の息子の場合、既にその影響が内臓に現れていたこと、さらに頭に影響がでることで

決断することにしました。


妊娠中の方、不安にさせてしまったらごめんなさい。

信頼できる医者ととことん話し合って、子供の生命力を信じて、元気な赤ちゃんを産んでくださいね。



ごめんなさい

Posted by acoparis on   24 comments   0 trackback

娘二人と私のお気楽ブログが、

こんなこと書いてしまって、気分を悪くした人がいたらごめんなさい。


妊娠していると言った以上、今後生まれた?ときかれるだろうし、

どうなったの?どうして?

と質問されて、自分自身で自分の言葉で伝えたかったのです。



今回本当に思ったことは


母も子も何の問題もなく、五体満足で生まれてくるということは偶然でも当たり前でもなく

奇跡だということ。そして今生きていることが奇跡だということ。


それを決して無駄にしちゃいけないし、子供虐待なんてもっての外で、

本当にひとつひとつが貴重な命。


毎日の日常の中でつい忘れてしまうありがたいことを、ずっと忘れずにいたい。



来週、出産をします。普通の出産と方法は同じですが、

悲しい出産です。抱き上げておっぱいあげて、かっこいい洋服きせてあげて、

産声上げて、おめでとうって皆に言われて、そういう出産じゃありません。



相棒は頭が痛いといって、夕食も食べずに寝てしまいました。

私は子供達と10時前には寝てしまうのですが、今日はまだ眠れません。

なので、

ブログに頭の中を整理するためにも書くことにしました。


これからは二人のかわいいの奇跡を大事にして生きます。

そして、3人目を楽しみにしていたファミリーの皆様

本当にごめんなさい。残念でくやしいけれど、本当にごめんなさい。


今後のことはまだわからないけれど、前向きに行くつもりです。

今の自分自身の奇跡のためにも、二人の娘のためにも。

私は大丈夫です。少しだけ時間をください。



⑬ 決断

Posted by acoparis on   0 comments   0 trackback

羊水検査の検査担当医と話したあと、私の担当医のところへ来るようにいわれていたので、

また病院へ戻りました。


朝からずっと病院まわりで、あき始めて落ち着かない子供達。


どうして、病院ばっかりいくの?と長女がきくので、

赤ちゃんが病気なのよと言いました。


もう決心したけれど、エコグラフィーを見たいという希望を担当医はきいてくれました。


相棒は初めて。なんと子供達も一緒にみました。

顔も横顔も、手も足も見えます。動いています。

ただ、横隔膜の穴から、胃だけではなく、さらに、腸も出始めていること、

心臓は完全に右側に、肺は平均より小さいことがわかりました。


今妊娠6ヶ月20週です。

私と相棒は書類にサインをしました。既に夕方6時になっていました。

⑫ 染色体

Posted by acoparis on   0 comments   0 trackback

GATA 4?

délétion de la région 8P23?

この単語は、産婦人科の先生でもわかりませんでした。あまりにも専門用語なのです。

私の羊水検査を調べてくれた担当遺伝学者が、染色体の写真も見せてくれて説明してくれました。


8番目の染色体に足りないものがあり、これが足りないということは、

しばしば、発達障害、心理学的、社会的障害や心臓、内臓にも影響がでるというのです。


白髪の経験が豊富であろう先生は、更にはっきり言いました。


これだけじゃない、既に今の状態で

NT、横隔膜に穴、心臓に穴があいていて、さらにDNAの結果です。

これはかなり重症でリスクが大きすぎる。


相棒とのやりとりは1時間にも及びました。

彼はこのあと初めて目頭をおさえました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。