acoparis

フランスで子供3人とナチュエコ、アートライフ。育児しながら育自中♪

スポンサーサイト

Posted by acoparis on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真剣におっぱいの話

Posted by acoparis on   0 comments   0 trackback

以前にもおっぱいは誰のためと書いたが

最近本当に赤ちゃんのためではないかとつくづく思う。

妊娠している人、これから妊娠する人、出産し乳児を育てている人、その家族に読んで欲しい。

妊娠すると膨らむ胸。そしておっぱいがでる頃はさらに大きくなり巨乳と化す。
その巨乳に顔をうずめながらおっぱいを飲む赤ちゃん。
顔があたってもいたくないし、その弾力感と肌触りにいつの間にか眠ってしまう。

あらためておっぱいについて考えさせられることがあった。

そのひとつ目の理由は1歳過ぎに離乳食をはじめた彩ママさんのコメント
コメント欄にしまっておくのはもったいないので、改めて書きたくなった。

いろんな理由で完全母乳で育てるのはきわめて難しいが、そうするということは、赤ちゃんと一緒にいると言うこと。
遠い昔にはなかった粉ミルク。便利になった分、何か失われてはいないか。

二つ目の理由は、姫が風邪をひいて、鼻水出して、せきもしている。
月曜日病院へ行った。
今年に入って2回目の風邪

それは私の責任ではなかろうか....

相棒→私→姫 その順番で風邪をひく。
土日なんて、みんなで鼻をかんでいた。(><)

姫は相棒の実家に泊まって疲れもあったのかもしれないが
すぐ同じ症状がでて、熱も上がった。

私の食べたものがすべて姫へ流れる...

姫は無性にお腹をかきむしっている。
実はどうやら姫がアトピ-っぽい。
アトピ-は遺伝があるというが、私はアトピ-ではない。

だとしたら私の食生活の影響か??

語学やら性格やらとほざく前に、一番大事な食育がおろそかになっていたのではなかろうか。

おいしいおっぱいをあげることで
食育、ふれあい、信頼関係を結ぶ。
それらが、ベ-スとなっていろんなことが形成する気がする。

おっぱいを生かすも殺すもママしだい

またおっぱいについて勉強してみよう

育て方は十人十色。
情報を知ってて選択するのと、知らないで選択するのは大きな違い。
私はまだまだ半人前。今日も育自です。

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://acoparis.blog33.fc2.com/tb.php/1026-a4a11d02
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。