acoparis

フランスで子供3人とナチュエコ、アートライフ。育児しながら育自中♪

スポンサーサイト

Posted by acoparis on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私の出産 第3章

Posted by acoparis on   0 comments   0 trackback

思わず涙がでた。10ヶ月かかったものが目の前にいた。

妊娠初期は毎日吐いて苦しかったこと
エコグラフィの結果に問題があり、羊水検査をしなくてはいけなかったこと
妊娠後期は体が重くて、出産日を指折り数えていたこと
そして、出産への不安等々いろんなことひっくるめて、
一仕事やり終えた嬉しさと安堵の気持ちからか体の力が抜けた。

すぐさま、我が娘は相棒と看護婦と一緒に出て行った。

私が気づいたときには、きれいに洋服を着ていた。

身長52cm 体重4210gです。

4キロ以上の赤ちゃん。何度も自分の耳を疑ったが、本当に4キロ超えているらしい。

その頃私の周囲では落ち着かなかった。

さっきまでてきぱきしていた助産婦さんが他の先生を連れてきて、少し不安そうにしている。

どうやら出血が止まらないらしい。

助産婦さんが少しばかりへこんだお腹を何度も強く押した。

この時予想外の痛みが私を遅い、うめいた。こりゃ出産時以上だ。
助産婦さんが私のお腹や子宮をチェックする。出産したばっかりでこっちは疲れているのに、押し方に容赦はない。

そのうち私はとても悪寒を感じ、毛布を3枚重ねてもらったがそれでも足りなかった。そして血圧は下がり、私はどこからともなく来る絶え間ない寒さに震えていた。

入院中ずっとお世話になった血圧計。上は100を越えることはなかった。

img00ded5a94efj9w.jpg


スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://acoparis.blog33.fc2.com/tb.php/1029-b2354a9c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。