acoparis

フランスで子供3人とナチュエコ、アートライフ。育児しながら育自中♪

スポンサーサイト

Posted by acoparis on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時は金なり

Posted by acoparis on   0 comments   0 trackback

公私ともにお世話になった友人が日本へ完全帰国することになりました。
行きたいところがある?と聞いたところ、パリ郊外。

20150728_163414[1]

どこだかわかりますか? シンプル イズ ベストの素敵なところよ。

こんなに遠くまで相棒が隣で運転したことはあっても、
知らない道を一人で、往復50キロ以上はなかったので、心臓バクバクでした。
でも無事に到着、帰宅。ちょっぴり自信がつきました。
もっともっと自由に楽に運転してみたいです。


さて、自由になるための運転免許。
取得したいという理由は様々だけれど、
私のように仕事や子供を持ってから必要性を感じる人も多く、
沢山のママさんを見かけます。


まあ、半年から1年でとれるかな、なんて思っていましたが、
ところがどっこい、私は標識テストに1年、実技に8か月かかってしまいました。


まず標識テストについて

私が通った教習所は、平日は10時から20時まで開いていて、土曜日は16時まで。
毎時間、標識のテスト練習問題があります。

学校だけれど、教習所内は毎回ビデオを流して、質疑応答を各自が答えて、
解答のビデオを見るだけ。

そう、自分で勉強するしかないんです。
本番は40点満点中間違えていいのは5問だけ


申し込み時ついてきたWEBで標識の勉強は3か月で有効期限が切れ、
教本と辞書とにらめっこ。

友達や相棒に子供を見てもらって慌てて行って、そんなんじゃ追いつかない。

標識テストの期限1年が迫りつつあり、(これは教習所により、期限がないところもあります)
これを過ぎてしまうと、また追加料金を払わなくてはいけない。

かなり無理して平日2回と土曜日に通えるようにして、
家ではネットで勉強してという日が続きました。

私の通った教習所は5問以下の間違いを10回連続したら、試験日をもらえるという
かなり厳しいもの。それも教習所に来なくてはいけない。

教習所は学校として合格率に響いたり、不合格の生徒がいると、
次回から試験の人数を減らされたりするので、そんなに簡単にあげられないのだとか。

フランス人でも皆必死なのに、外国人の私にはフランス語が大きなハンデイ。
ひっかけ問題も多く、わからないところは徹底的に調べ、質問しました。

やっとやっと頂いた試験日は6月。
7月1日に教習所に申し込んだ私としてはギリギリで、かなりストレスでした。
幸いにも一発で合格できました。

残念ながら、落ちて断念する人や、仕事、夏休みで後回しになったりする人も多いのです。

何事も、思い立ったら吉日ですが、
時間があるとき、仕事をしていない時、子供がいない時、
教習所に通い始めてから一番に優先して向き合わないと、
合格は難しいか、私のように時間がかかってしまいます。。

其の二
時は金なり。週1回では追いつきません。
時間があるときに一気に通うこと。


ちなみに標識テスト、3年間有効です。つまり、この間に実技が受かればいいわけです。
ただし、これを過ぎると、全て最初からやらなくてはいけません。(>_<;)

でも期限があったほうが、自分にはっぱをかけられるかもしれませんね。

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://acoparis.blog33.fc2.com/tb.php/1404-0b63ae09
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。