acoparis

フランスで子供3人とナチュエコ、アートライフ。育児しながら育自中♪

スポンサーサイト

Posted by acoparis on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フランスという国

Posted by acoparis on   0 comments   0 trackback

皆元気です。
昨日は近くに用事があってショッピングモール内の大型スーパーへ行ってきました。
駐車場に入るときに、ノーチェック。警備員さんはいません。

もし、テロリストが入ってきて、駐車場に爆弾を仕掛けたら?
もし、お買い物中に自分の車に爆弾が仕掛けられて、街で爆破したら?

なんて、想像力が無限に広がってしまう私です・・・・・

私がフランスに住み始めたのは2000年。
学生時代は、パリという華やかなイメージとはかけ離れている、
警察官がいつもいる黒人街にある音楽の学校に通い、 
日によっては終わるのは21時。
夜はパリのど真ん中、シャトレー界隈のコンサート、ジャズクラブ、
終わるのは朝2時ぐらいで、夜行バスで一人で家路に。

出産前はこんな生活をしていたし、日本人駐在員なら避けるような場所でも
まだ夜が開けぬ前や夜の一人歩きも平気なんだけれど、
流石に今回は、自分のテリトリー以外に行きたいと思いません。

18日早朝、パリ北郊外saint denisで銃撃事件があったようです。
今もなお、テレビでは実況中継中です。。。。テロリスト2人死亡。

実はフランスは、空き巣は多いし、スリは多いし、車が燃やされちゃったり、
携帯電話は話しているときに取られてどこかで売られちゃったり、
落とし物をしたら、二度と手元に帰ってこないし、
本当に、日本では考えられないことが沢山あって、こんな事件が日常茶飯事だから、
警察も犯人を捕まえようとしていないし、保険が下りるか否か なんてことで、

日常、常に自分の身は自分で守る、ことが基本原則です。

プラス、サービスはないし、郵便事情や配達事情は悪いし、
お客様対応も悪い。

日本に住んでいるときには考えることのなかった、宗教、人種の違い、大麻の問題
頻繁にストライキが行われているのは、なぜか?
学校、労働条件、ほんと、沢山の課題があって、エンドレス。

その上、今回のテロリスト襲撃事件
フランス国内に、10,000人以上危険人物がいるっていうのだから、何ともな話。

それでも、

それでも、

フランス人のラテンなところや、
個人、生き方の自由、アートを愛するところや、
ファミリーを一番に考え、ヴァカンスでゆっくり過ごし、公共でも子供にやさしい
ある意味なあなあだけれど、人によってはダメだったり、OKをもらったり、
人間臭いというか、

フランスにいいところは沢山ある、はず。。。

シリア難民問題も、移民問題も、観光客も減って、また不景気になって、失業問題もあるだろうし、
そんなフランスだけれど。。。。私にとっては第二の母国。

一日も早く安心して、子供たちとどこにでも遊びに行けるパリに戻ってほしい。

10月から既に配られたクリスマスプレゼントのカタログを見ながら、サンタさんに手紙を書いている子供達が今年のクリスマスも楽しく過ごせることを祈って。

いつも応援クリックありがとうございます。 
  ↓       ↓      ↓

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://acoparis.blog33.fc2.com/tb.php/1427-0d12dda9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。