acoparis

フランスで子供3人とナチュエコ、アートライフ。育児しながら育自中♪

スポンサーサイト

Posted by acoparis on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブラボ-フランス!

Posted by acoparis on   6 comments   0 trackback

ここがどこだかわかりますか?
小さな滑り台に、たくさんの乗り物、遊具...

(窓にはフランスでも大人気のドラのイラスト↓)

P1100231.jpg

私は今日はここで産婦人科の先生に診てもらいました。

といってもここで産婦人科ではなく、
PMI (Centre de Protection Maternelle et INnfantile)
母子健康保険所です。

姫が誕生して以来、ここで定期検診、全ての予防接種を無料
で受けさせてもらっています。

そして2歳検診の時にここにきて、小児科の先生に
産婦人科の先生も往診に定期的にいらしていることを初めて知り、
妊娠以来ここに来ています。

実は姫の妊娠時に、家の近所の医師から、評判のいいところ、
さらにはアメリカンホスピタル(フランスで一番高いであろう病院 以下アメホ)にも
診てもらったことがあるのです。

診察料は、健康保険とミチュアル(任意保険)で全てカバ-していたのですが
アメホを除いて、満足してまた行きたいと思えるところはなく
今度はどこの先生に診てもらおうか迷っていたのです。

ここのよいところは、

P1100233.jpg

家から近いこと (徒歩 10分)

女性の先生(姫の妊娠中は助産婦以外、全て男性。)

そして

子供の遊び場があること (待ち時間でも姫は退屈せず!)

その上、診察は全て無料。
最高妊娠6ヶ月まで、受診することができます。

今回でここでの受診は終了。
来月からは、出産する病院での診察になります。

信頼できる先生だったので、とっても名残惜しくて、
できればここでずっと続けたいといったら 
出産後のケアについても受診できるとか。

ブラボ-フランス!

利用しない手はありません。

※注意
フランスの地域、地区によって、産婦人科の往診をしていないところもあるそうです。
お近くのPMIにきいてみてくださいね。

banner2.gif 一日一回の応援クリック待ってます
フランスの社会保障はとても優れています。
ヨ-ロッパ一の出産大国の理由のひとつかもしれませんね。

スポンサーサイト

Comment

ねむり師 says...""
すばらしい国ですね。
無料でこんなに母と子に優しい制度が
できるなんて。
日本も少子化を憂するなら
身ごもってから産むまでの制度を充実させればいいのに
なんて簡単に言っちゃいけないのかしら。
2008.01.12 09:11 | URL | #- [edit]
aco says..."ねむり師さんへ"
早速初コメありがとう!
私は日本で産んだことがないので、実際比較は難しいのですが、
たとえば、フランスでなら
出産費用がないから、たいへんって言う人は少ないと思うんですよね。

日本の少子化問題は、根が深そうだね。
こういうところから改善していけばいいのにね。
2008.01.12 20:55 | URL | #- [edit]
さとじもん says..."出産貧乏"
確かに、妊娠したとたんに、日本では多額のお金がかかります。

少し前に、テレビドラマで、山田太郎物語というのをやりました。兄弟が多くて、すごく貧乏。
長女は、「お母さん、何で兄弟が多いと貧乏になるの?」
妊娠5ヶ月の時に、出産費用の前金30万円を産婦人科に納めた。その札束を見た長女は、「どおりで、貧乏になる訳だ。」と、納得できたのでした。
もちろん、出産費用は30万ではたりません。
健診も、1回につき5千から1万円。

日本もっと頑張って!
2008.01.13 05:31 | URL | #- [edit]
aco says..."さとじもんへ"
体の調子はどう?赤ちゃんは元気に泣いてる?

出産費用30万って、いい金額だよね。
それプラス、5千円から1万円か...

フランスでも私立病院で産むと、 もちろん高くなるし、前回の妊娠では、毎月の診察に1万円かかっていたの。

でも、健康保険と任意保険でカバ-できるのと、私立じゃなくても、国立を選べる(つまり出産費用は全くかからない)という選択ができるから、いいよね。

日本は赤ちゃん一人誕生することで
大きなビジネスが一人分発生する感じだね。

日本にいろんな世界の出産、育児事情がもっと切実に届くといいんだけれど...ね。
2008.01.13 11:13 | URL | #- [edit]
のりこ says...""
少子化政策に取り組んできたフランスだけあって、国民が実感できる実現力を持っている!スバラシイ。ポルトガルは、少子化ですねー。出産&育児に対する経済的、保険的な政府のサポート意識が低く、子供を欲しがらない夫婦が増えている、とか。税金対策で結婚しないカップルが増えている時代ですし・・。いや、ポルトガルも、他国の成功をモデルにして取り込む姿勢を見せて欲しいものです。涙
2008.01.13 17:22 | URL | #flivGTTY [edit]
aco says..."のりこ さんへ"
相棒のいとこの2カップル、結婚していません。一カップルは、子供も二人うみ、
もう一カップルはマンションのロ-ンを一緒に組んだにもです。

結婚するのにお金がかかるそうですね。

ポルトガルから出稼ぎしてきた人たちも、
結局はフランスに住み、社会保障のよさに
断ち切れない様子。
(住所をフランスにおいておいて、ポルトガルと行ったりきたり)

のりこさんが子供を産むときには、改善されているといいですね~。
2008.01.15 15:04 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://acoparis.blog33.fc2.com/tb.php/248-8225b01c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。