acoparis

フランスで子供3人とナチュエコ、アートライフ。育児しながら育自中♪

スポンサーサイト

Posted by acoparis on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

言葉の力

Posted by acoparis on   2 comments   0 trackback

姫1号のご心配をおかけしました。

腫れも引いてきて左右同じ位、目が開くようになりました。

IMG_7638.jpg

お岩さんのように青あざにならないか、他の子供たちに何か言われるんじゃないか、と

実際は心の中で冷や冷やしていましたが、大丈夫のようです。


やはり顔ですので、すぐわかるし、人も聞いてくるので正直に話します。

DSCF7096.jpg
↑ここで後ろの子供に気をとられて歩いていて、振り返りざまに倒れて怪我しました。


目じゃなくてよかったわ~とか、

よくあることよ、大変だったね、でもきっときれいに治るわよ、大丈夫

と言ってくれる人はたくさんいたのですが、


なかには一人、姫に向かって

Pas de chance! ついていないわね

(このフレーズよく使います、フランス人!)

これは一生きれいに残っちゃうわね、ああ可哀想に。

というマダムが居ました。


本当にそうかもしれない...でも私は笑顔で言いました。



いえ、彼女はラッキーですよ。怪我はここだけですし、
今ではきれいに傷口が治るクリームもあるそうですから。



はは、将来のことは知りません、親のハッタリです。

そうなんです、ただ私の願いです。


でもね、子供って自分の親の言葉をよく聞いています。

他人がなんと言おうと、親がどういう対応をするか、どういう言葉を発するか、

これが一番子供にとって重要なんだと思います。

IMG_7659.jpg

彼女が怪我をした日の夜、胸が苦しくなって久しぶりに育児本を開きました。

私は彼女にきちんと向き合っていたのか?


親が子供を叱るのは、親が子供に甘えているから、
親子関係であることに親が甘えているのです。

子どもは授かりものではなく、預かりもの。
親の所有物じゃなく、人格の違う別人なのです。


この言葉を改めてみつけて、反省しました。


そして、毎日発する言葉、使用する言葉にもっと気をつけようと思いました。

都合のいいように、言い聞かせるように、おまじないのようにね!


よい週末を!

クリックしていただけると励みになります♪ いつもどうもありがとう!!!
↓      ↓       ↓      ↓

人気ブログランキングへ 

スポンサーサイト

Comment

みのる says..."良かったね"
明けましておめでとう。今年もよろしくね。
眼球に当たらなくて良かったね。
子供って大人の微妙な感情を鋭く察知したりするから、acoが笑って大丈夫って言う事が何よりのお薬になると思うなあ。
言霊ってあるからね。旦那の態度
を見て、ネガティブ発言しないようにしなくちゃなぁと日々思っております。
2011.01.12 14:04 | URL | #- [edit]
aco says..."みのるへ"
こちらこそ、よろしくね。
どんな新年を迎えていたのかな?

言霊という言葉知りませんでした。
なるほどね、確かにいい言葉を出すと、
それが体に浸透する気がする。

いつもポジテイブでいたいね。
2011.01.12 21:35 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://acoparis.blog33.fc2.com/tb.php/776-2427a3c3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。