acoparis

フランスで子供3人とナチュエコ、アートライフ。育児しながら育自中♪

スポンサーサイト

Posted by acoparis on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パンは生ものです。

Posted by acoparis on   4 comments   0 trackback

IMG_7738.jpg

フランスのパン屋さん、バゲットはもちろんのこと、クロワッサンなどもその日売れなかったパンは
次の日捨ててしまいます。

もったいないからよかったら持っていって、

とパン屋で働いているママさんに、パンをたくさんいただきました。



さ~て、少々固めのぱんでしたが、ミルクパンなどはまだ食べれるし、
フレンチトーストにして次の日食べたりしました。

それでも食べきれない。パンはどんどん乾燥していきます。

フランス人は前日残ったパンを明朝、トーストして食べたりしますが、それでも残ったのは
次の日捨ててしまうのです。

食事の度買いにいくフランス人、多し。

(できるだけ乾燥を避けるため、ビニール袋に密封しておくと、少々長持ちします。)


そこで2、3日置いて、乾燥させて

IMG_7767.jpg

フードプロセッサーにかけて、

パン粉のできあがり。

それを日曜日

DSCF7798.jpg

とんかつに。

バゲット2本分使用したんですけれどね、最後の一枚は足りなくなってしまい

以前とんかつの記事でコメントでいただいたアイデアのスクススをつけてあげました。(写真奥)

(とんかつソースの代わりに、トマトソースで煮た野菜ソースを)


昨晩、子供たちが率先して(半分奪い合いながら)パン粉をつくってくれました。

今晩は、それでハンバーグをつくります。残りは冷凍。

せっかくこの世に生まれてきたパン、最後まで食べられたら本望では??



クリックしていただけると励みになります♪ いつもどうもありがとう!!!
↓      ↓       ↓      ↓

人気ブログランキングへ 

スポンサーサイト

Comment

ソレイユ says...""
日本でフランス系のパン屋さんでバイトしてたとき、デニッシュ系のパンはすべて凍らして砕いてちょっとプディング風の甘いお菓子に作り直してすごく安く売っていました。お客さんはたぶん、作り直したものとは知らずに買っていたと思うけど。

次はパンから作るお菓子にも挑戦してみてね。ほら、パン粉は売るほどあるだろうから(爆)。

売れ残ったバゲットは、ラスクにして売ったり、店頭でホットプレートでフレンチトーストを作って一切れ30円で売ってたっけ。

バイト代より帰りにもらえるパン代の方が楽しみだったかも。
2011.03.08 22:10 | URL | #iDX8.YKs [edit]
ふうりん says...""
さすがフランス人。パンのこだわりがすごい!
ウチはこないだコストコで大量ゲットで全部冷凍…^^
冷凍庫がパンだらけ(笑

ちなみに私、高校時代にパン屋でバイトしてた時に、毎日余ったパンをもらって帰って学校とかに持ってってたなあ^^懐かしや。
2011.03.09 02:27 | URL | #- [edit]
acoparis says..."Re: ソレイユちゃんへ"
なるほどね~たまに、いいアイデア。やっぱり値段に反映しているのは、
作り直したものだからだろうね。でも美味しいのなら何より、

前は、パンプテイングとか、gateau de roiを日本でいただいて、とっても美味しくて
まねしたこともあったけれど、どうしても甘口。

ほら、うち大型ファミリーだから、これ以上甘いものに変身するのは、危険なので(笑)
パン粉よ。もう、乾燥したらパン粉つくってます。

パン屋のあの香り、たまらないよね。最近そういえば、パン作っていないかも~
2011.03.09 09:27 | URL | #- [edit]
acoparis says..."Re: ふうりんちゃさんへ"
ふうりんちゃさんも、パン屋でバイトしていたのね、やっぱりパン屋って魅力的だよね。

コストコ、いろんなブログで名前を拝見するんだけれど、楽しそうなところだね。
一度、行ってみたいわ~
2011.03.09 09:29 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://acoparis.blog33.fc2.com/tb.php/799-87831af7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。