acoparis

フランスで子供3人とナチュエコ、アートライフ。育児しながら育自中♪

スポンサーサイト

Posted by acoparis on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

② 戸惑い

Posted by acoparis on   0 comments   0 trackback

私は言われたとおり、そのまま紹介状をもって

病院へ行きました。

そして次の日というランデブーをいただいて再度病院の門をくぐりました。


エコグラフィーではNTが4.8mmあったのです。

再度エコグラフィーをしてもらってもやはり状態は同じ。

どこかに問題があるかもしれない、

心臓が自然停止するかもしれません、

流産するかもしれません、


こういう風に日本語でいうと冷たそうですが、

彼女は一生懸命いろんな可能性を説明してくれました。

そして来週開けすぐに検査を進められました。

それは、絨毛採取(じゅうもうさいしゅ)でした。

biopsie du trophoblaste

初めて聞くフランス語に戸惑う私に、絵を書いて説明してくれました。

10~11週の妊娠初期に絨毛組織の一部を採取する検査です。


友人が早く行くように言った意味がわかりました。

ただ、初めて行った病院だったのであまりにも不安で、

2回出産した病院へ次の日の金曜日、相談もかねて出産する病院として申し込みへ行きました。

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://acoparis.blog33.fc2.com/tb.php/844-0b5532ba
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。