acoparis

フランスで子供3人とナチュエコ、アートライフ。育児しながら育自中♪

スポンサーサイト

Posted by acoparis on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本人として

Posted by acoparis on   0 comments   0 trackback

フランスの幼稚園も小学校も、年に何回か映画館へ行く機会があります。
私も用事がないときには、付き添いとして先生と一緒に行きます。

1月には、宮崎映画のLa Colline aux coquelicotsコクリコ坂を観にいきました。



これは1960年代の学生紛争のあった時代背景の話であり、恋愛ものでもあり
私は思わず涙。主人公のまっすぐと凛としているところも二重丸。

でも小学生の姫たちには難しかったかな。中学生上、いや大人向けのアニメでした。


そのときに、先生に3月も宮崎映画があるので、是非ご一緒にと言われていたので、
今週も付き添いとして行って来ました。

その映画はポーニョ。あの2008年に日本でも大ヒットした作品です。



まだこうやってフランスの映画館で日本のアニメ映画が愛され見られていることを
とても嬉しく思いました。


おかしかったのは、ポーニョと宗介がインスタントラーメンを食べているシーン。
フランスの子供達は何食べているんだ?とざわざわしていました。

そのあと映画館の人とお話したのですが、彼は全ての宮崎映画を見ていて、
私が日本人と知ると、こと細かく話し始め、姫の担任に是非この人(私)を授業中に呼んで
話してもらったら?と薦めていました。

(宮崎映画は好きだけれど、人に語るほどではないので頭を横に振りましたが。汗)

フランス人は本当に日本にたくさんの関心を抱いていて、とても好意的です。
日本語が話せるフランス人も以前に比べて随分増えました。

私がフランスにいてできること、

永住するであろうフランスを理解するのと同時に、遠い日本を紹介する
絶好の機会、そして海外に住むひとつの義務だと思っています。

半分だけれど日本人の血が流れている子供たちもそうであって欲しい。


と、昨日フランス人ママさんに、

日本食が好きなお友達を集めるから、巻き寿司のアトリエをやってと言われました。

が~ん。果たして教えられることができるのか??満足にお弁当さえ作れない私が??
私も改めて日本文化を勉強中です。

よい週末を!!


クリックしていただけると励みになります♪ いつもどうもありがとう!!!
↓      ↓       ↓      ↓

人気ブログランキングへ 

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://acoparis.blog33.fc2.com/tb.php/975-39b0f97e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。